ゆるら

【法人の理念】

「関わるみんなが元気になる」をモットーに東京・立川市を中心に活動中。
障害などの生きづらさがあっても、より自分らしく豊かに生きることを応援しています。

【定款に定められた法人の目的】

障がいや生きづらさを抱えた方々に対し、「ゆるやかなあたたかい場所」を通じた

生活支援・就労支援事業を行う

さらに一般市民を対象として、人がゆとりの中で元気になり、

互いに尊重しながら生きていける場所や地域を広め

豊かな社会の実現に寄与すること。

 

【法人概要】

1998年、立川市に設置された共同作業所Marquee(マーキー)の運営委員会として発足。

作業所設置母体である医療法人社団東迅会よりMarqueeの運営を委託され、

作業所運営や地域の精神保健福祉のネットワーク作りに尽力してきました。

2008年にNPO法人化し、東迅会より作業所事業の移譲を受けています。

2011年にMarqueeは『地域活動支援センターマーキー』として自立支援法の事業に移行しました。

2012年4月から障害福祉サービス(生活訓練事業)である『社会生活サポートセンターこみっと』を開設し、

より充実した支援を行えるよう鋭意努力中です。

多摩地区を中心に、地域づくり・メンタルヘルスの促進を行ってきています。

 

【特定非営利活動に係る事業】

(1) 障がいや生きづらさを抱えた方々への自立生活支援・就労支援に関わる事業
(2) 法人理念を広め理解を深めるための研修、啓発、地域交流を図る事業
(3) 障害者自立支援法に基づく障害福祉サービス事業
(4) 障害者自立支援法に基づく地域生活支援事業
(5) その他、上記の目的を達するために必要な事業

(1) 障がいや生きづらさを抱えた方々への自立生活支援・就労支援に関わる事業

 ★作業・就労体験の場の提供(各事業共通)

(2) 法人理念を広め理解を深めるための研修、啓発、地域交流を図る事業

 ★広報活動
・通信「あまやどり」の発行
・ホームページ、facebookによる発信

 ★Slow WRAP(チャリティイベント)の実施
・カフェスロー、世界の医療団との連携事業
http://www.cafeslow.com/
http://www.mdm.or.jp/

 ★2012年度IPS全国研修会の事務局
・NPO法人地域精神保健福祉機構(コンボ)
http://comhbo.net/
・NPO法人NECSTとの共催
http://www.neet-support.net/institution/109/

 ★精神保健ボランティアサークル「ときたま」の活動援助
・日本社会事業大学、武蔵野大学等との協働事業

(3) 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく障害福祉サービス事業

 ★社会生活サポートセンターこみっとの運営
(障害福祉サービス・生活訓練事業)
①IPSモデルの社会参加(就労)支援
②リカバリー志向の個別支援(訪問・同行)
③エビデンスのある各種プログラム

(4) 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく地域生活支援事業

 ★地域活動支援センターマーキーの運営
(Ⅱ型・立川市委託事業)
①グループ活動(プログラム、講座、レク等)
②個別支援活動(自立支援、生活支援)
③就労準備活動(社会見学体験学習等)

(5) 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく指定特定相談事業

 ★地域相談室ぽらりすの運営
(計画相談事業)
①障害福祉サービス利用に伴うサービス等利用計画の作成
②その他基本相談
③法人内事業のバックアップ